安全に配慮したインプラント治療が受けられる
東京の歯科医院リスト
東京でインプラントの名医がいる歯科クリニック » 知っておきたいインプラントの基礎知識 » 遠藤歯科医院 遠藤先生に
インプラント治療についてインタビュー

公開日: |最終更新日時:

遠藤歯科医院 遠藤先生に
インプラント治療についてインタビュー

先生のご経歴を教えてください。

遠藤先生

父が歯科医を開業しているのもあり、自然と私も歯科医師を目指して神奈川歯科大学へ入学しました。大学を卒業し歯科医になった後に様々な症例に取り組みましたが、改めて歯科医は自分が努力をした先に成長があり、患者さんへ還元できていると実感できるので、やりがいを感じています。

臨床に出てから大切にしていることは、患者さんに対してどんな形で接していくかということです。今すでに悪い歯を治すことはもちろん、プラスアルファとして「なぜこうなってしまったか?」という原因や、再発しないために必要な普段のケアや治療法について患者さんに理解していただくことが重要だと感じています。今後も患者さんと二人三脚で、将来の歯の健康に必要な意識改革に貢献できたらと考えています。

インプラント治療を行なうクリニックの選び方について

遠藤先生

先生が考えるインプラント治療における名医の条件はなんですか?

インプラント治療においてはインプラントの歯自体だけではなく、噛み合わせや定期的なメンテナンスを含め、全体的な患者さんの状態を見ることがとても大切です。口の中について何を聞かれてもうやむやにせず、的確に答えられる先生は名医だと思いますね。経験のある先生であれば、検査の段階である程度患者さんの口の状態はわかります。

治療の腕にも差はあると思います。最近歯科衛生士のスタッフが、前の先生がやっていたインプラントは位置がちゃんと来ないんですよねと言っていました。いざインプラントを入れてみたら他の歯に比べて出っ歯になってしまった、ということもあるようです。

腕のいいインプラント歯科を選ぶ方法はありますか?

症例を見ることが一番良いのではと思います。ホームページで事前に調べられるのであれば、歯科医がこれまでどのようなインプラント治療を行ってきたか確認してみましょう。ホームページで確認できない部分は実際に足を運んでカウンセリングで聞いてみてください。

カウンセリングで分かることとして、段取りを踏まない先生はあまり良くないと思いますね。カウンセリングを受けに来ただけなのに、明日インプラントしましょうとか。もちろん早く治療を始めるに越したことはありませんが、治療に期間がかかることや、患者さんご自身が把握するべきリスクを説明し、きちんとステップを踏んだ上で治療に入る先生を選ぶべきかと思います。

医師選びと手術の成果の関係

遠藤先生

先生ご自身でインプラント治療をするとしたらどのようにクリニックを選びますか?

患者さんは失った歯やその周囲を気にされると思いますが、それでは視野が狭くなってしまいます。レントゲンを撮ったり検査をしたら、まずはカウンセリングの時点でそれ以外の歯を含めた全体的な状態を説明してくださる先生が良いですね。

インプラント治療の説明はもちろんされると思いますが、今の歯がダメになってしまった原因を見極められる先生でないと根本治療になりません。検査の時点でもざっくりと原因は推測ができますので、「なぜこの歯が」「この場所で」ダメになってしまったか、丁寧に説明してくださる先生は信用ができます。

他に患者さんと医師の性格の問題もありますよね。時間に追われている患者さんであれば、ゆっくり説明を受けるよりもさっさと治療に入って欲しいという方もいると思います。今の歯の状態になるまでに何十年もかかっているため、治療に時間がかかることは理解していただきたいのですが・・・。余裕があれば、治療する前に複数の医院でカウンセリングを受けてみて、自分が納得できる相性の良い先生を探すことも大切ですね。

医師の腕により手術の成果に差は出ますか?

成果に差は出ます。インプラントを正しい位置へ正しく埋め込む技術自体も大切ですが、術前に口の中をベストな状態にしておくことも大切です。インプラントを入れる前に、骨を作ったり、歯茎を足したり、歯の全体を考えて矯正で歯を動かしたり、患者さんの歯の状態に応じて治療計画を立てることでインプラント治療の成功率も良くなっていきます。

他にも最初に設計した位置へドンピシャにインプラントを埋入できるシステムもありますので、予算はかかりますが、選んだ方が誤差も少なくトラブルを回避できる可能性があがります。特に前歯の場合はたった5ミリの差でも芯が少し下がってしまったり、審美的にも見た目に影響が出てしまいますね。

歯科医院へのコロナの影響について

遠藤先生

コロナ前後での貴院の変化について教えてください

緊急事態宣言の影響で一時的に変化はあっても、患者数に影響はそれほどありません。ただ、患者さんによっては来院されずクリーニングやメンテナンスが止まってしまい、歯の状態が悪化してしまった方はいらっしゃいます。歯の状態は免疫力にも影響しますので、今は逆に、歯のメンテナンスに来ないとウイルスにかかりやすくなるよ、と伝えてメンテナンスに来るようになった患者さんもいらっしゃいます(笑)

日頃の衛生面での対策はもちろんですが、スタッフ間でも日々ブラッシュアップするように勤めていますね。お昼休憩でもお昼は別々にとったり、話をしながらご飯を食べないなど、基本的なことですが意識するようにしています。

インプラントを検討されている方に何かアドバイスがあればお願いします

遠藤先生

歯を失ってしまったり、他の歯を守るという意味でインプラントはとても画期的な治療法です。昔はインプラント周囲炎や、抜けたりといったトラブルでネガティブな面がよく噂された時代もあったのですが、入れ歯やブリッジ比べると将来的なリスクが圧倒的に違います。

ただし、インプラントは入れっぱなしでOKということは絶対にないので、ある期間は歯科医院へ通い続ける覚悟を持って始めるという感覚を持っていただきたいです。普段の歯のメンテナンスでも当たり前のことですが、主治医の先生としっかり相談しながら進めるようにしましょう。

インタビューに答えてくれたのはこの方

遠藤先生


  • 遠藤 元気先生
  • 遠藤歯科医院 歯科医師
    https://www.endo-dentalclinic.com/
  • 神奈川歯科大学歯学部を卒業後、複数の歯科医院勤務を経て2010年に遠藤歯科医院の院長に就任。所属学会は日本顎咬合学会 認定医、日本口腔インプラント学会 会員、東京SJCD 会員。日々新しい知識を習得し、よりよい治療を見極め、ご提供することで、患者さんに信頼される医院をめざしている。
安心・安全なインプラント治療ができる東京の歯科医院厳選リスト

【お読みください】
このサイトは、2019年6月の情報をもとに、インプラント治療が不安な方に向け東京都内のインプラント歯科を紹介しています。
※このサイトが定義する名医とは:
国内外のインプラント学会に属し、「指導医」「専門医」「認定医」に認定されている医師を取り上げています。
情報には正確性を期しておりますが、各治療の内容や費用の詳細、医療機関の最新の情報については、各公式サイトでご確認ください。
-----------------------------------
【インプラント治療について】
・インプラントとは、基本的に無歯顎に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療法です。
術式や方法は口腔や骨の状態、希望によって異なります。
・副作用(リスク):手術が必要なため、痛み・腫れなど体へ・負担や感染症のリスクがある、全身疾患など持病がある場合対応できないことがあり、また治療費が高額となる可能性もあります。
・費用:1本あたり300,000円~400,000円(使う素材によって変わります)
・平均的な治療期間:6ヶ月前後
-----------------------------------
「痛い」「怖い」イメージのあるインプラント治療ですが、現在は「体への負担やストレスを軽減する治療」も増えています。個人の状態によって可能な治療法は異なりますので、医師と相談する事をおすすめします。

安心・安全なインプラント治療ができる東京の歯科医院厳選集