安全に配慮したインプラント治療が受けられる
東京の歯科医院リスト
東京でインプラントの名医がいる歯科クリニック » 知っておきたいインプラントの基礎知識 » CGF再生療法

公開日: |最終更新日時:

CGF再生療法

このページでは、インプラント治療に併用されることがあるCGF再生療法についてまとめています。

CGF再生療法とは

GGF再生療法の「CGF」とは、「Concentrated Growth Factor」の略です。CGF再生療法とは、インプラント治療のほか歯周病治療や抜歯治療など、外科処置を行う際に痛みを抑えたり、術後の治癒を促進するといった点が期待される治療方法のことです。

怪我をして出血した際には、血管の穴を防ぐために血液中の凝固因子が刺激され、「フィブリン」と呼ばれる物質が形成されて傷口をふさぐことによって出血を止め、傷口の治りを促進するという働きがあります。そこでCGF再生療法では患者自身の血液を遠心分離機にかけることによって人工的にフィブリンを集めます。フィブリンを集めてゲル上にしたものが「CGF」と呼ばれており、この中には自己血液由来の成長因子や血小板などが多く含まれていることから傷口の治りを促すという働きを持つとされています。

インプラント治療においては、治療を行いたくても骨の量が足りないといった場合があります。その際にはサイナスリフトやソケットリフト、GBRといった顎の骨を再生させる治療法が行われることになりますが、このような治療にCGF再生療法を併用することで、骨の再生を促し、治療にかかる期間を短縮させることができます。

CGF再生療法のメリット・デメリット

CGF再生医療は、下記のようなメリット・デメリットがあるとされています。

メリット

CGF再生療法をインプラント治療の際に併用することにより、まずは出血や痛みの軽減が期待できるというメリットがあります。さらに、CGFには自己血液由来の成長因子や血小板が多く含まれていることから傷の治りも早く、治療期間の短縮が可能になります。このことから、患者自身の体にかかる負担も軽減できます。

また、CGF再生療法では自分の血液を用いますし、添加物などを使わずに必要な成分を凝固させることができます。このことから、アレルギー反応や感染に関するリスクがない、という点もメリットといえるでしょう。

デメリット

CGF再生療法は、厚生労働省で認可された病院のみが行うことができます。そのため、全ての医療機関で受けられるものではなく、治療を受ける歯科医院が限られるといった点がデメリットといえるでしょう。また、保険外診療内容となるという点も挙げられます。

CGF再生療法を検討するならまずはカウンセリングを

このページでは、CGF再生医療について紹介してきました。現在CGF再生医療を受けられるクリニックは限られていますが、この治療を受けたいと考える方はまずは一度クリニックに足を運んで医師の話を聞いてみると良いでしょう。医師の話をきき、メリットやデメリットなどを検討しながら治療を受けるかどうか考えてみてはいかがでしょうか。

【お読みください】
このサイトは、2019年6月の情報をもとに、インプラント治療が不安な方に向け東京都内のインプラント歯科を紹介しています。
※このサイトが定義する名医とは:
国内外のインプラント学会に属し、「指導医」「専門医」「認定医」に認定されている医師を取り上げています。
情報には正確性を期しておりますが、各治療の内容や費用の詳細、医療機関の最新の情報については、各公式サイトでご確認ください。
-----------------------------------
【インプラント治療について】
・インプラントとは、基本的に無歯顎に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療法です。
術式や方法は口腔や骨の状態、希望によって異なります。
・副作用(リスク):手術が必要なため、痛み・腫れなど体へ・負担や感染症のリスクがある、全身疾患など持病がある場合対応できないことがあり、また治療費が高額となる可能性もあります。
・費用:1本あたり300,000円~400,000円(使う素材によって変わります)
・平均的な治療期間:6ヶ月前後
-----------------------------------
「痛い」「怖い」イメージのあるインプラント治療ですが、現在は「体への負担やストレスを軽減する治療」も増えています。個人の状態によって可能な治療法は異なりますので、医師と相談する事をおすすめします。

安心・安全なインプラント治療ができる東京の歯科医院厳選集