安全に配慮したインプラント治療が受けられる
東京の歯科医院リスト
東京でインプラントの名医がいる歯科クリニック » 知っておきたいインプラントの基礎知識 » インプラントと天然歯の違いとは?

公開日: |最終更新日時:

インプラントと天然歯の違いとは?

このページでは、インプラントと天然歯の違いについて紹介しています。それぞれの特徴について解説していますので、インプラント治療を検討されている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

インプラントと天然歯の違いは?

インプラントと天然歯は、見た目では違いがあまりわかりませんが、歯根膜の有無や血液供給量などについて大きな違いがあります。ここでは、それぞれの特徴を取り上げながらどのような違いがあるのかを見ていきましょう。

天然歯の特徴

まず、天然歯の特徴を見ていきましょう。

天然歯には「歯根膜」がある

歯根膜があるかどうか、という点が天然の歯とインプラントの大きな違いです。天然歯には歯根膜があり、噛んだ時の力を繊細に完治する知覚神経が存在しているため、歯が噛んだ時の力を逃すクッションのような役割を果たしています。無理な力がかかってしまった時には回避する役割を持っているなど、噛む力をコントロールする際に非常に重要になってきます。

例えば、私たちは無意識のうちに硬いものは強く噛む、柔らかいものは優しく噛むと使い分けをしているはずです。このような動きは、歯根膜があるからできることなのです。

3方向から血液が供給されている

天然歯の場合には歯肉・骨・歯根膜の3方向からの血液供給があります。歯と歯茎の間にある歯周ポケットの内部には、細菌と戦う血液成分のひとつである好中球が存在しています。この好中球は歯周ポケットの内部に細菌が侵入した場合にはそれを排除しようと働きます。

インプラントの特徴

続いて、インプラントの特徴を見ていきましょう。

歯根膜がない

インプラント体はあごの骨と直接結合していることから歯根膜はありません。通常の食事で噛んでいるくらいでは、インプラントが動いてしまうことはほとんどありませんが、無理な力がかかってしまった場合には影響が出てきます。例えば噛み合わせが悪い、歯ぎしりのくせがあるなどの場合に、インプラントに負担がかかってくる可能性があります。

インプラント治療の際には噛み合わせをしっかりと調整しますが、時間が経つにつれて噛み合わせは変わってきます。そのため、噛み合わせに問題がないか定期的な検診で確認しましょう。

血液の供給は2方向から

インプラントには歯根膜がありませんので、血液の供給は歯肉と歯の2方向からとなります。そのため、好中球の出現が乏しくなってしまうため、感染に対する防御力が高くはないといえるでしょう。

一度炎症を起こしてしまうと症状が進むのが早く、インプラント周囲炎にかかってしまう可能性もありますので、定期的な検診とセルフケアを十分に行っておくことが大切です。

インプラントはアフターケアが大切

天然歯とインプラントの違いについて紹介しました。インプラントは天然歯よりも不利な部分があるものの、歯を失ってしまった方にとっては選択肢の一つです。治療後にトラブルを起こさないためにも、医師の指示に従ってしっかりとケアを行っていくようにしましょう。

【お読みください】
このサイトは、2019年6月の情報をもとに、インプラント治療が不安な方に向け東京都内のインプラント歯科を紹介しています。
※このサイトが定義する名医とは:
国内外のインプラント学会に属し、「指導医」「専門医」「認定医」に認定されている医師を取り上げています。
情報には正確性を期しておりますが、各治療の内容や費用の詳細、医療機関の最新の情報については、各公式サイトでご確認ください。
-----------------------------------
【インプラント治療について】
・インプラントとは、基本的に無歯顎に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療法です。
術式や方法は口腔や骨の状態、希望によって異なります。
・副作用(リスク):手術が必要なため、痛み・腫れなど体へ・負担や感染症のリスクがある、全身疾患など持病がある場合対応できないことがあり、また治療費が高額となる可能性もあります。
・費用:1本あたり300,000円~400,000円(使う素材によって変わります)
・平均的な治療期間:6ヶ月前後
-----------------------------------
「痛い」「怖い」イメージのあるインプラント治療ですが、現在は「体への負担やストレスを軽減する治療」も増えています。個人の状態によって可能な治療法は異なりますので、医師と相談する事をおすすめします。

安心・安全なインプラント治療ができる東京の歯科医院厳選集