安全に配慮したインプラント治療が受けられる
東京の歯科医院リスト
東京でインプラントの名医がいる歯科クリニック » 知っておきたいインプラントの基礎知識 » インプラントとその他の治療方法の違い

公開日: |最終更新日時:

インプラントとその他の治療方法の違い

歯を失った場合には、いくつか治療の選択肢があります。この記事では、インプラントのほか、入れ歯やブリッジについてそれぞれの特徴を紹介していきます。

従来の治療法について

歯を失った場合に検討される方法として、インプラントの他には「入れ歯」や「ブリッジ」が考えられます。ここでは、従来から用いられてきた入れ歯とブリッジについて見ていきましょう。

入れ歯

入れ歯は「義歯」とも呼ばれている、取り外しができる装置です。部分入れ歯と総入れ歯があり、非常に幅広いケースに対応できるため、多くのケースで選択されています。

入れ歯は、取り外しができることから食事のたびに外して洗える点がメリットですが、その反面健康な歯に金具で固定することになるため、もともと健康だった歯に負担がかかってしまうことがある点がデメリットです。また、入れ歯を固定するための金具が口を開いたときに見えてしまうこともあります。

ブリッジ

その名の通り、橋を渡すように歯がない部分の両隣の歯を削り、連結した被せ物をします。数本の歯を失った場合に選択される方法です。

メリットは、金属のバネなどがないことから、入れ歯のような違和感がほぼない点、また取り外しを行う必要がない点が挙げられます。その反面、両隣の歯を削る必要があるなど、健康な歯への負担が大きい場合があるといった点がデメリットとなります。

各治療方法とインプラントとの違い

それでは、入れ歯やブリッジとインプラントはどのような違いがあるのでしょうか。さまざまな面から見ていくことにしましょう。

適応症の違い

見た目に関する違い

快適かどうか

周囲の歯へのダメージ

治療期間

費用面の違い

インプラント治療のメリットとデメリット

最後に、インプラント治療のメリットとデメリットについて紹介します。

インプラント治療のメリット

インプラント治療のメリットは、まず健康な他の歯へ影響を与えずに治療を行えるという点が挙げられます。また、自分の歯と同じような感覚で噛むことができますし、しっかりと噛めることによって顎の骨に刺激が伝わり、顎の骨が痩せてしまうことを防げる点もメリットといえるでしょう。

加えて審美的に優れている点や、自分の歯でしっかりと噛んで食事ができることから、健康面や精神面で良い影響が得られることがあるという点もメリットとして挙げられます。

インプラント治療のデメリット

インプラント治療は、原則自由診療となることから治療費が高額となります。また、治療期間が長いこと、手術が必要になることから患者への負担が大きくなるという点もデメリット。加えて、細菌感染のリスクがあるという点も注意したい点です。

それぞれのメリット・デメリットを検討しよう

歯を失ってしまった場合には、さまざまな治療の選択肢があります。それぞれの方法にメリット・デメリットがありますので、十分に比較検討した上で治療方法を選択すると良いでしょう。

【お読みください】
このサイトは、2019年6月の情報をもとに、インプラント治療が不安な方に向け東京都内のインプラント歯科を紹介しています。
※このサイトが定義する名医とは:
国内外のインプラント学会に属し、「指導医」「専門医」「認定医」に認定されている医師を取り上げています。
情報には正確性を期しておりますが、各治療の内容や費用の詳細、医療機関の最新の情報については、各公式サイトでご確認ください。
-----------------------------------
【インプラント治療について】
・インプラントとは、基本的に無歯顎に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療法です。
術式や方法は口腔や骨の状態、希望によって異なります。
・副作用(リスク):手術が必要なため、痛み・腫れなど体へ・負担や感染症のリスクがある、全身疾患など持病がある場合対応できないことがあり、また治療費が高額となる可能性もあります。
・費用:1本あたり300,000円~400,000円(使う素材によって変わります)
・平均的な治療期間:6ヶ月前後
-----------------------------------
「痛い」「怖い」イメージのあるインプラント治療ですが、現在は「体への負担やストレスを軽減する治療」も増えています。個人の状態によって可能な治療法は異なりますので、医師と相談する事をおすすめします。

安心・安全なインプラント治療ができる東京の歯科医院厳選集