東京でインプラントの名医がいる歯科クリニック » 【特集】インプラントが出来ないと言われたら » 歯周病や骨が少ないとインプラントができない?

歯周病や骨が少ないとインプラントができない?

歯周病や骨の状態が原因でインプラントができない?

インプラントは、自然歯と変わらず噛むことができるうえに違和感のない見た目に仕上がるので、失った歯を取り戻す方法としてメリットが多い治療法です。

しかし、歯が抜けたらインプラントにしようと思って歯科医師に相談すると、「インプラント治療できません」と断られてしまうことも。重度の歯周病にかかった歯を抜歯したり骨が薄くてもろかったりする場合は、インプラント治療を受けられない可能性があります。

このページでは、インプラントができない場合について解説しています。どのような口腔内環境だとインプラントができないのか知っておきましょう。

重度の歯周病だとインプラントができない?

インプラントを希望していても、口腔内環境によっては治療できないと判断される場合があります。そのうちのひとつが「重度の歯周病」です。歯周病によって歯を失った場合、歯周病を治さないままインプラントを入れるのは避けたほうがいいといわれています。その理由は主に2つあります。

歯周病で骨が溶けてインプラントを支えきれない

歯周病は、歯を支える骨が細菌によって溶かされてしまう病気です。インプラントは人工歯根を埋め込み、骨と結合して従来の噛み合わせを取り戻すための外科手術なので、インプラントを支える骨がなければ治療できません。歯周病が進行してしまうと骨が溶けて薄くなってしまい、インプラントを埋め込むことができなくなってしまうのです。

骨を移植して足りない部分を補うことで対処できる場合もありますが、治療費がかさむだけでなく治療期間も長くなってしまいます。

歯周病にかかっているとインプラントが抜けやすい

重度の歯周病にかかっている場合は歯周病菌がインプラント周囲の歯肉に感染してしまう可能性が高く、インプラント治療を受けることができません。せっかくインプラントを入れても歯周病にかかって抜けてしまう可能性が高いからです。また、インプラントが抜けてしまう最大の原因ともいえる「インプラント周囲炎」は、ふつうの歯周病よりも自覚症状が出にくいうえ、進行するのが早いといわれています。インプラントを入れたい場合、まずは歯周病にかからないように口腔内環境を整えることが大切です。

インプラントと歯周病の関係については、口の中を清潔に保っていれば完治させなくても問題ないと判断したり、口腔内をきれいにしても治ることはないと判断したりと、歯科医師によってさまざまな意見があります。インプラント治療をする前にセカンドオピニオンを検討してみても良いのではないでしょうか。

歯周病は早めの治療を

歯周病には分かりやすい自覚症状がありません。歯茎から血が出たり歯がぐらついたりするなどの自覚症状が出た時には、既に重度の歯周病にかかっていることがほとんど。インプラント治療の前に行う精密検査で、初めて歯周病だと発覚することも多いと言われています。

歯周病によって歯を失った方はプラークコントロールの習慣が身についていないことが多く、インプラント治療をおすすめすることはできません。普段から歯医者に通って定期的に歯をチェックしてもらい、こまめにプラークコントロールを行って歯周病の予防に努めましょう。

骨が少ないor薄いとインプラントができない?

歯を支える骨が少ない・薄いと、インプラント治療を受けられない場合があります。インプラント治療では事前にレントゲン撮影を行い、骨の状態を歯科医師が確認。そのうえで治療の可否を判断するのですが、骨が少ない・薄いというのはどのような状態を指すのでしょうか?

インプラント治療の可否には顎骨の状態が関係している

インプラント治療の際、インプラントを埋め込む顎骨の厚み・高さが必要不可欠になります。2つのうちどれかが不十分だとインプラントができないと判断され、治療を受けることができません。仮に治療を受けられたとしても、インプラントがうまく固定できずに取れてしまう恐れがあります。

厚み

骨の厚みは歯茎の幅のこと。「骨がやせている」と表現される場合もあります。上下の顎骨の厚みが十分でないとインプラントをしっかりと支えられないため、治療を受けられません。

高さ

骨の高さとは骨と神経血管までの距離を指します。骨との距離が近ければ近いほど、インプラントで神経血管を傷つけるリスクが高くなるでしょう。

インプラントのネジ部分にはある程度の長さがあり、治療内容によってはネジ部分が10mmを超えるインプラントを使用する可能性があります。骨に高さがないとインプラントが突出してしまうため、神経血管を傷つけやすくなってしまうのです。

顎骨の状態が悪いままインプラントを受けるとどうなるの?

もし顎骨の状態が悪いままインプラントを受けてしまうと、どのようなリスクを招いてしまうのでしょうか?

上あごの骨に高さがない場合、インプラントによって痛みや腫れを引き起こす可能性があります。

上あごは鼻の横にある上顎洞と隣接している部位。まれに上顎と上顎洞が近い場所にある人もおり、骨に高さがない人は上あごと上顎洞が密接に迫ってしまいます。もしインプラントが上顎洞を突き抜けてしまった場合、ひどい痛みや腫れを感じてしまう恐れが。上顎洞を突き抜けたインプラントを取り除くのはとても難しく、極めて大変な手術になると言われています。

下あごの骨に高さがない場合、インプラントで下顎管を傷つけてしまう可能性があります。

下あごの骨は下顎管という神経や血管の束の近くにある部位です。万が一インプラントで下顎管を傷つけた場合、麻痺や大量出血を引き起こす可能性があります。

骨粗鬆症だとインプラントができない?

骨粗鬆症が原因で骨密度が少ない方・骨がもろい方はインプラントができません。

インプラントを埋め込む顎骨は、骨密度が高いほどインプラントの定着率も上がります。骨密度が低い骨にインプラントを埋め込んでも安定しないため、治療を受けてもすぐ取れてしまう可能性があるのです。骨の形状によっては治療できる場合もありますが、骨密度が高い人に比べると難しい治療となるでしょう。

しかし、適切な治療を行えば骨粗鬆症でも諦める必要はありません。再生医療によって骨を生成・移植すると、インプラントができる状態へと近づけます。

ビスフォスフォネート系薬剤を服用中の方は要注意!

骨粗鬆症の治療で「ビスフォスフォネート系薬剤」を内服している方は、インプラントや抜歯を行わないほうが良いと言われています。

ビスフォスフォネート系薬剤とは、骨が溶けるのを防いで骨粗鬆症の進行を遅らせる内服薬のこと。しかし近年、副作用として顎骨の炎症を引き起こしてしまう可能性があると分かってきました。発症率はそれほど高くないものの、最悪の場合顎骨が壊死してしまう恐れがあります。

主なビスフォスフォネート系薬剤

ビスフォスフォネート系薬剤は骨粗鬆症以外の治療にも用いられています。上記の薬を服用している方は、インプラント治療を受ける前に歯科医師とよく相談しましょう。

その症状、もしかしたらインプラント治療ができるかも

骨の厚みや高さが足りない状態で治療を行うと、インプラントがうまく固定されず後から取れてしまう可能性があります。そのため歯周病で骨が溶けてしまった方や骨粗鬆症で骨が薄いと判断された方は、インプラント治療を受けられませんでした。

しかし、骨が少ない・薄いなどの理由でインプラント治療ができないと診断されても諦める必要はありません。現在は再生医療によってインプラント治療を受けられるようになっているからです。

再生医療のひとつである「GTR法(組織再生誘導法)」は、溶けてしまった骨や歯根膜などを再生する治療法。GTR法を行うことによって、新しい骨を再生してインプラントを埋め込めるようになりました。これまでは土台となる健康な骨がある部位にしかインプラントを入れられませんでしたが、再生医療で骨を生成すれば今まで治療できなかった部位でもインプラントができるようになります。

歯茎が痩せる原因を知って対処すればインプラント治療ができる?

歯茎が痩せてしまうと、インプラント治療を希望していても治療が難しい場合があります。
その症状の原因と対処法を知り、まず口内環境の土台作りを整えましょう。その次のステップとしてインプラント治療の施術ができるかもしれません。

歯がしっかり支えられない「歯肉退縮」とその対策

歯茎が下がって歯が長く見えてしまう症状、虫歯でもないのに歯がグラグラする、冷たいものなどがしみるようになってしまった症状は「歯肉退縮」と呼ばれています。

歯肉退縮になると歯茎が痩せて、歯の根の部分が露出してしまいます。本来は歯茎の中にあるはずの部分が外部にさらされているため、虫歯や知覚過敏などを引き起こしやすくなります。

では、歯肉退縮を引き起こす要因とはなんなのでしょうか。対処法も併せて解説します。

軽い力で歯を磨く習慣を身につけよう

歯磨きを強い力で行うと、歯茎を傷つけ退縮させる可能性があります。また、毛質の硬い歯ブラシで大きく動かして磨くことも歯茎を傷める原因になります。歯茎はとても柔らかい組織なので、強い力が継続的にかかると徐々に削れていってしまうのです。

歯と歯の間のプラーク除去のために用いられる「歯間ブラシ」の使い方にも注意が必要です。歯間の狭いスキマに無理矢理通そうとすると、やはり歯茎を傷めてしまいます。

対処法は、まず毛質がふつうの硬さの歯ブラシを使ってみましょう。そして大きく動かさずに、軽い力で小刻みに動かして磨きます。歯と歯茎の境目はプラークが溜まりやすいので入念に磨く必要がありますが、いずれの場合にも力を入れすぎず優しく磨きましょう。

嚙み合わせ・歯ぎしりを正そう

嚙み合わせがずれていると歯全体に余分な力が常にかかることになり、歯を支える歯槽骨が弱くなってしまいます。それによって歯肉退縮が起こります。一部の歯だけが長くなったように見える場合は、部分的な嚙み合わせの悪さの表れです。

さらに、過去に歯列矯正をしたことがある場合には、矯正した歯が再度動き始めることで歯茎が下がってしまうことがあります。睡眠時などに歯ぎしりをしている人も、歯にとても大きな負担をかけているのです。

対処法として、嚙み合わせについては歯科医院での調整がいいでしょう。睡眠中の歯ぎしりは、マウスピースなどで防ぐこともできます。

歯周病にならないようにしっかり歯磨きをしよう

歯周病は細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患で、日本人の80%がかかっているとされている病気です。

歯と歯茎の間にプラークが蓄積されることで炎症を起こしてしまい、歯茎が下がり赤く腫れるなど、ひどくなると歯磨きの際に出血するようになります。

歯周病が進行すると、最終的には歯槽骨が溶けてしまうこともあります。歯周病は自覚症状が出にくく、異変に気が付いたころにはかなりの重症である場合が少なくありません。

対処法は、できれば毎食後に正しいやりかたで歯磨きを行うことです。プラークが歯についている時間が長ければ長いほど、歯周病のリスクが高まります。

また、定期的に歯科医院でクリーニングをしてもらうことも歯周病予防に非常に効果的です。

避けられない歯茎の老化にも定期的な医院でのケアで対処しよう

歯茎も身体の一部です。そのため老化現象は避けられません。

歯茎は、10年で2ミリほど下がっていくと言われています。つまり40代、50代になると20代のころに比べて4ミリ~6ミリ下がるため、目に見えて歯の根元が露出してくることになります。

こちらも対処法としては、やはり徹底した正しい歯磨きと定期的な歯科医院でのクリーニングやケアが効果的でしょう。

このように歯肉退縮の要因ごとに対処法をご紹介してきましたが、症状がかなり進んでしまい、これらの方法では対処しきれない場合はどうしたら良いのでしょうか?

その場合は最終手段として、歯肉の移植手術を行うことになります。上顎から必要な組織を採取、し歯茎に移植するという方法です。

手術は局部麻酔によって行われるため痛みはありません。また、術後は刺激物や硬いものを避ければ食事も普通に食べることができます。症状がひどくなってしまった場合には検討してみましょう。

関連するページ

東京の歯科医院厳選集