東京でインプラントの名医がいる歯科クリニック » インプラント歯科の選び方のポイントは? » 院長の専門性

院長の専門性

インプラント治療をしてもらう医院選びのポイントとして、「院長の専門性」について解説しています。

認定医・専門医がいる医院を選ぼう

インプラント治療は高度な技術と知識が必須。歯科治療の中でも高い専門性を必要とするものです。だからこそ医院を選ぶ際は、治療を施してくれる医師の技術力や専門性の高さに注目すべきです。

具体的には、インプラントに関する学会が認める「認定医」「専門医」の資格を持っているかどうか。そのような医師がいる医院では、安全で確実なインプラント治療を行っている可能性が非常に高いからです。さっそく、認定医・専門医が在籍する東京のおすすめ医院をまとめましたので、気になる医院があったら、ぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね。

中村歯科医院

中村歯科医院キャプチャ

中村院長のおもな所有資格

他院の医師が患者に紹介するほどの医師・中村院長

インプラント治療を受けたい人が全国から訪れる中村歯科医院。これだけの人気を誇るのは、院長である中村医師が世界的に認められたインプラントの専門医だからです。

中村院長は、日本だけでなく医療先進国ドイツのインプラント学会からも認められた認定医・専門医で、インプラント治療の技術や考え方、必要性を患者だけでなく、国内外の医師にも拡げる活動を続けています。医師向けのセミナーで定期的に講師を務める実績も。

中村歯科医院では質の高い治療にこだわり、カウンセリングから治療が完了するまで、一貫して院長が対応してくれます。

中村歯科医院のインプラント治療について詳しくはこちら>

安藤歯科医院

安藤歯科医院キャプチャ 

安藤理事長のおもな所有資格

専門医を中心としたチーム医療でアプローチ 

安藤歯科医院は、東京都板橋区にインプラントセンター東京という専門院を設立したインプラント歯科。そこで治療にあたっている安藤理事長は、国内外のいくつかの学会に所属しているインプラントの専門医です。

チーム体制によるインプラント治療がコンセプト。専門医による診察・ゴール設定の後、歯科衛生士や歯科技工士などスタッフの総合力でアプローチしていく治療が安藤歯科医院の特徴です。

安藤歯科医院のインプラント治療について詳しくはこちら>

大谷歯科クリニック

大谷歯科クリニックキャプチャ 

大谷院長のおもな所有資格

地元で信頼されるインプラント治療のスペシャリスト

大谷歯科クリニックは、何代にもわたってインプラント治療を行い、地元で信頼されるクリニック。その技術が評判になって他県からも患者が訪れているようです。

院長の大谷医師は、大学病院在籍時にセラミックなどの被せもののスペシャリストに師事し、失った歯を美しく補う技術を学んでいます。その後も、ブラジルで審美歯科に関する研修を受け、歯科治療の中でもとりわけ審美歯科・インプラント歯科に関するスペシャリストとなったそうです。

本当に信頼できる?インプラントの関連学会や専門医制度を徹底調査!【東京】

インプラントは、顎にベースを埋め込んで、ネジ式の人工歯を入れ、被せものをする大掛かりな治療になります。治療を受けたあと「やっぱりインプラントの利用はやめて元に戻そう」というような後戻りはできない治療なので、治療を始める前に少しでも不安を解消しておきたいですよね。

当サイトでは、信頼できるインプラントのクリニックを見つけるポイントとして、専門医や認定医がいる医院を探すことをおすすめしています。院長や医院の専門性をより詳しく知るために、世界各国に存在するインプラントの関連学会や、その専門医制度の信頼性を調査してみました。

日本口腔インプラント学会を徹底調査!

日本口腔インプラント学会は、国内で最大のインプラント関連学会です。会員数はなんと1万4,000名を越えており、もともと日本で最大の会員数をほこっていた日本口腔外科学会の会員数が約1万人なので、事実上日本国内でもっとも大きな歯科学会でもあります。

1986年に生まれて以来、インプラント治療のカリキュラム作成や、実際の治療例、海外のインプラント最新情報の共有、専門医認定制度の導入など、さまざまな面から日本のインプラント治療を引っ張ってきた学会です。日本に本部のあるインプラント関連学会のなかでは、一番歴史が古く、規模も大きな信頼性の高い学会だといえます。

日本口腔インプラント学会の専門医制度は信頼できる?

日本口腔インプラント学会の認定制度は、

の4種類です。

一番高度な認定専門医になるためには、最低でも日本口腔インプラント学会に5年以上在籍し、所定の研修を受け、専門医の認定を受けた指導員からの推薦をもらい、インプラントに関する論文発表をしていなければならないなど、非常に厳しい条件をクリアする必要があります。認定専門医は、1万4,000人の会員中、わずか940名だけです。

参考:日本口腔インプラント学会の公式HP(http://www.shika-implant.org/)

国際インプラント学会を徹底調査!

国際インプラント学会(ICOI)は、アメリカのニュージャージー州に本部を置く、世界最大のインプラント学会となります。1972年に設立され、インプラントの治療に必要な技術の開発や情報共有、論文の発表など、インプラント治療の発展を支えている学会です。世界規模で見ても、もっとも信頼性の高い学会だといえるでしょう。

日本には、2008年に国際インプラント学会の日本支部がつくられており、本部との情報共有もしっかり行われています。定期的にインプラントの専門誌を発行するほか、日本でも年に一度は大きな学術大会を開催しており、会員はつねにインプラントの最新情報を手に入れることが可能です。

国際インプラント学会の専門医制度は信頼できる?

国際インプラント学会の専門医制度は、

の3種類となります。

Fellowshipは、インプラント治療に必要な診断と外科を行う研修医レベルの認定で、Mastershipは補綴(ほてつ:かみあわせの調整)を行う歯科医師ならびに歯科技工士のための資格。Diplomateは、FellowshipとMastership両方の能力をもった歯科医師のみが認定を受けることを許される、最高位の資格です。

認定資格を取得するためには、面接とインプラントに関する症例の発表、筆記試験を受ける必要があります。国際インプラント学会の資格は、3年制の更新制度をもつものなので、長く認定を受けている人ほど、インプラントに関する勉強をつづけている証明になるのです。

参考:国際インプラント学会の公式HP(http://www.icoi-japan.jp/)

AIAI(Academy of International Advanced Implantlogy)を徹底調査!

じつは、AIAIという学会は、現在存在していません。2011年に名前が変わって、AIAIから「国際口腔インプラント学会(ISOI)」になっています。国際口腔インプラント学会は、上述したドイツのインプラント学会「DGZI」の日本支部を併設する、日本のインプラント学会です。 なお、「国際インプラント学会」と「国際口腔インプラント学会」は、名前こそ似ているものの、まったく別の学会です。

AIAI=国際口腔インプラント学会(ISOI)の専門医制度は信頼できる?

AIAIから名称の変わったISOIには、たくさんの専門医制度があります。ただ、すべての認定が、高度な技術や深い知識を必要とする資格だと断言することはできません。認定資格のなかで、もっとも取得しやすい「認定医(Clinical Oral Implantology)」の場合、所定の講座を受け、医師免許証とインプラントの臨床例を20件ほど見せれば、認定を受けることができるからです。

もちろん、高位の資格となるドイツ本部の認定資格は、取得するのが段違いに難しくなります。一例をご紹介すると、難易度として上から2つ目の資格である「Oral Implantology Specialist」を取得するためには、最低でも400件以上の臨床経験をもっていなければならないのです。

DGZIにおける高位資格の認定医や専門医は、豊富な実績と経験をもったインプラント治療のベテラン歯科医師だということができるでしょう。

参考:国際口腔インプラント学会(ドイツ口腔インプラント学会)の公式HP(http://kokusai-implant.jp/ )

ドイツ口腔インプラント学会を徹底調査!

アメリカや日本だけでなく、ヨーロッパにもインプラント学会はあります。とくに、フィンランドやスイス、スウェーデン、そしてドイツの歯科治療は、アメリカや日本にも劣らない高い技術をもっているのです。

ドイツ口腔インプラント学会(DGZI)は、その名のとおりドイツに本部を置くインプラント学会となります。本国の会員数は4,000名以上、ヨーロッパ全体を合わせると、1万2,000人以上の会員を抱える、インプラント界を代表する歯科学会のひとつです。

DGZIの日本支部は、少々変則的で、「国際口腔インプラント学会(ISOI)」に併設される形で存在しています。事業提携をしているといってもよいでしょう。国際口腔インプラント学会に所属すれば、自動的にDGZIの日本支部にも所属することになります。

ドイツ口腔インプラント学会の専門医制度は信頼できる?

ドイツ口腔インプラント学会の認定制度には、ドイツ本国で試験が行われる資格と、日本国内で試験が行われる「DGZI Japan」資格があります。ドイツはマイスター制度の国なので、基本的に試験が難しく、本国の資格をもっている人は国内でもひとにぎりしかいません。

DGZIのドイツ本部認定は、

の3種類。DGZI Japanの認定は、

の5種類となります。

資格は更新性で、認定を受けたあと5年以内にセミナーや討論会に参加し、一定量のポイントを手に入れないと資格の更新をすることができません。取得も維持も非常に難しい資格です。

参考:国際口腔インプラント学会(ドイツ口腔インプラント学会)の公式HP(http://kokusai-implant.jp/ )

日本補綴歯科学会を徹底調査!

インプラントに限らず、入れ歯やブリッジ、被せものなど、さまざまな方法で「かみあわせ」の治療を行う歯科医師を対象にした学会が、日本補綴歯科学会となります。

学会の活動は、補綴歯科の技能や知識向上を目的とした、毎年1回以上の学術大会や、学会誌の発行です。1933年に設立された学会で、非常に長い歴史をもっています。

日本補綴歯科学会の専門医制度は信頼できる?

日本補綴歯科学会が専門医の認定制度を導入したのは1992年です。認定資格を取るためには、セミナーへの出席や臨床例に関する試験などを含めた60単位の研修を取得する必要があります。

また、5年ごとに別途研修を受け、補綴に関する知識の向上に努めていることが資格更新の条件です。

かみあわせを整えるための技術や知識は、インプラントを成功させるために必須となります。インプラントの関連資格だけをもっているより、補綴に関する認定医制度を受けている歯科医師の方が、信頼度は高いといえるでしょう。

参考:日本補綴歯科学会の公式HP(http://www.hotetsu.com/)

学会認定の専門医であるか確認して歯科を探そう

インプラントは、今後の人生を左右する大きな治療となります。治療を成功させるためには、腕のよい歯科医師を見つけなければなりません。各学会の認定医や専門医の資格は、インプラント治療に関して「確実に一定以上の腕と知識をもっている」ことの証明になります。

よい医師というのは、闇雲に探しても見つかりません。認定医や専門医の資格を手がかりにして、ぜひ相性のよいインプラント歯科を見つけてください。

大谷歯科クリニックのインプラント治療について詳しくはこちら>

東京の歯科医院厳選集