東京でインプラントの名医がいる歯科クリニック » 知っておきたいインプラントの基礎知識 » 治療費はいくら?

治療費はいくら?

インプラント治療の費用相場や、その内訳について解説しています。

インプラント治療にはどれくらいの費用が必要?

インプラント治療のハードルになるのが、費用面です。実際にどれくらいの金額が必要になるのでしょうか。ここでは、インプラント治療の費用相場について解説しています。

インプラント治療の相場

歯の金額アイコン

おおまかにいうと、インプラントの相場は1本300,000円~500,000円ほど。自由診療なので、治療を行う医師によって費用は異なります。

都市部のほうが費用が高くなる傾向にあるようです。

「高い」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。しかし、高度な技術と設備がなければインプラント治療は行えません。手術は無菌の状態で行う必要がありますし、手術に使う道具は、衛生上使い捨てる必要があります。

自由診療だというのを差し引いても、やや高額になるのは仕方のないことかもしれません。

治療費用の内訳

インプラント治療費用の内訳は、以下が目安になります。

精密検査・診断費用 15,000~50,000円
インプラント埋入手術 100,000~400,000円
上部構造 100,000~150,000円
維持・管理 5,000~10,000円

もっと安くできないの?

もっと低価格でインプラント治療を提供している歯科クリニックもあります。そういったクリニックはたいてい「薄利多売でコストを下げている」とうたっています。

しかし、インプラント治療には高度な技術が必要です。多売ができるほどたくさん治療を行うのも難しいもの。どこかで必ずコストを削っている可能性が高いので、注意が必要です。

健康保険の適用はされないが、医療費控除は可能

前述のように、インプラント治療は健康保険の適用範囲ではありません。自由診療なので、治療費用は全額自己負担となります。健康保険の適用内で治療をする場合は、インプラントではなくブリッジや入れ歯を利用することになります。

インプラント治療は保険適用外ですが、医療費控除の対象になります。年間の医療費が100,000円を超える場合、医療費や通院のための交通費の一部が還付されます。

インプラント治療の価格がクリニックによって大きく違うのは自由診療だから

インプラント治療は、健康保険で扱うことができない自由診療です。

治療費の100パーセントを自己で負担することになるため、一般的な虫歯治療や歯列矯正に比べると、費用は高くなります。

インプラント治療の全国平均は32万5000円

日本インプラントセンターが行った「2011年インプラント費用の徹底調査※」によると、インプラントを入れるためにかかった費用は、全国平均で32万5000円でした。

インプラント治療の行程は、治療まえの検査や診断を経て、実際にインプラントの手術を行ない、場合によっては術後の経過検診まで行なわれます。

検査では、レントゲンやCTスキャンを使って骨の量や形、どうやってインプラントを配置すればよいかを調べます。手術の段階では、インプラントの埋め込みに必要な麻酔や外科手術を行ない、術後は痛み止め薬の服用となり、それぞれに対しての費用を支払うことになります。

大雑把にいって、平均的なインプラントの治療費は、検査、外科手術、材料費がそれぞれ10万円ずつかかると思っておけばよいでしょう。

もちろん、精密検査をしたり、よいグレードのインプラントを使ったりすれば、平均よりも治療費は高くなります。

インプラント治療の最安値は14万円、最高額は52万5500円!

前出の日本インプラントセンターが行った「2011年インプラント費用の徹底調査※」によると、インプラント治療費の総額で最安値は14万円、最高額は52万5500円という結果でした。

その差はなんと約38万円と、クリニックによって金額が大きく違うことがわかります。

格安をうたうインプラントは安全なのか

平均よりも費用の高いインプラントは、保証の程度や特に手厚いケアへの対価 として支払う場合があるので医院に確認してみましょう。 反対に、格安のインプラント治療を受ける場合はどうでしょうか。

「安物買いの銭失い」という言葉があるとおり、相場より安いものには必ず安いだけの理由があります。歯は、生まれてから死ぬまで個人を支える大切な財産なので、安易に治療費を節約してしまうとやがて後悔することになる可能性も考えられます。

価格に惑わされないように、安さの理由と注意点をお伝えしていきます。

※参照元:2011年インプラント費用の徹底調査

安いインプラント治療3つのカラクリ

1. 材料費や保証費を削っている

安価なインプラント治療は、インプラントを支える土台のパーツや、人工歯のグレードを落としている場合が考えられます。また、保証期間を短くしている場合もあります。

一般的に、人間の噛む力は個人の体重と同じくらいだとされています。体重60キロの男性なら、歯を噛みしめると60キロの負荷がかかってくるということです。

安い材料を使っていると、インプラント治療を受けたあと何千回、何万回と繰り返される咀しゃくに耐えることができません。

質の悪いインプラント治療を受けて、5年後や10年後に再びやり直すことになった場合、結果として倍の値段が掛かってしまう可能性があるので、最初から高品質のインプラント治療を受けた方が経済的かもしれません。

2. 治療費の一部しか表示していない

人工歯の代金だけなど治療費の一部を見せておいて、手術が終わってから高額請求を行うケースもあります。インプラント治療を受けるときは、表示金額にどこまで含まれているのか、総額でいくらになるかを確認しましょう。

3. 未熟な医師の練習台

インプラント技術の未熟な医師が、練習台を求めてお試し価格で安く治療を行っている場合もあります。当然のことながら、腕のよい歯科医師と比べると技術に差があることは歴然。

手術でミスをする可能性などのリスクも上がるでしょう。数日経過してから、仕上がりに問題が出ることも十分に考えられます。

健康寿命に大きな影響をもたらすと考えられている大事な歯のインプラント治療は、よく検討した方が賢明と言えるでしょう。安い価格設定には、それ相応の問題があることも考えられるので、値段に関わらず信頼できるクリニックで治療を受けることをおすすめします。

 

東京の歯科医院厳選集