東京でインプラントの名医がいる歯科クリニック » 知っておきたいインプラントの基礎知識 » 痛みはあるの?

痛みはあるの?

インプラント治療を受けるときに不安になるのが、痛みのこと。手術中や手術後の痛みについて、分かりやすく解説しています。

「インプラントって痛いの?」そんな疑問にお答えします!

心配する男性のイラスト

インプラント治療は、顎の骨に義歯を埋め込む手術です。

「手術となれば痛みがあるんじゃないだろうか」

「手術のあとに痛い思いをするんじゃないか」

そんな心配や不安で、インプラント手術に踏み切れない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、インプラント治療の痛みのこと、痛くない治療法について紹介します。

手術中の痛みはない!

結論からいうと、インプラントの手術中に痛みはありません。

歯科治療というと、歯を削ったり抜いたりするので、なんとなく痛みがあるようなイメージをお持ちかもしれません。しかし、インプラント治療の場合は局所麻酔をします。歯まで浸透する麻酔を使うので、痛みを感じることはないのです。

クリニックにもよりますが、麻酔には電動無痛麻酔器を使うことで、麻酔自体にも痛みがないこともあります。また、どうしても痛みや施術が怖い場合には、静脈内鎮静法によって、半分寝ている状態で手術を受けることも可能です。

それだけではなく、できるだけ歯茎を切らずにインプラントを埋め込む手術を採用する歯科クリニックも増えています。

さまざまな技術が開発されることで、インプラント手術は痛みを感じずに受けることができるんですね。

手術後の痛みは?

手術後、麻酔が切れた後に痛みを感じることはありますが、基本的には痛み止めを飲めば問題ありません。抜歯と同じ程度だと思ってもよいでしょう。長くても2~3日で痛みが引きます。

手術の範囲や埋め入れ本数が多ければ、痛みや腫れは起こりやすくなります。その場合は、痛み止めの強さや量を医師と相談するとよいでしょう。

歯茎や自分の骨の移植を伴うインプラント手術の場合は、骨や歯茎を取った場所が少し痛むことがありますが、これも痛み止めで対処できるでしょう。

避けるべきこと

痛みを避けるためには、飲酒や喫煙、激しい運動は避けるべきです。適切な手術を受けたとしても、痛みの原因になることもあります。

手術後の生活については、必ず医師の指示に従いましょう。

関連するページ

東京の歯科医院厳選集