東京でインプラントの名医がいる歯科クリニック » 知っておきたいインプラントの基礎知識 » インプラントは金属過剰反応があっても治療可能か?

インプラントは金属過剰反応があっても治療可能か?

アレルギー

インプラントは純正チタンを使っているので、金属アレルギーの人でも通常通り、受けることができます。もしチタンでもアレルギー反応が出る人は、オールセラミックによるインプラントで、治療を受けることが可能です。金属アレルギーを口内に起こさずにインプラント治療をする方法をお答えします。

インプラントは金属アレルギーでもできる

口内は金属アレルギーになりやすい環境にある

なぜインプラントで金属アレルギーに留意する必要があるかと言うと、口内ではアレルギーが起きやすい環境が整っているからです。唾液やプラークが発する酸による口内の酸性化、咀嚼による金属の摩耗などにより、金属のイオン化が起きやすくなっています。今まで金属アレルギーではなかった人も、なる可能性がないわけではありません。

インプラントは安全性の高い純チタンを利用している

インプラントに使われている素材は、歯科にもよりますが医療用の純チタンです。このチタンは空気に触れたとき酸化チタンという膜ができることで、アレルギー反応の元となる金属イオンが溶け出しにくい金属となっています。

そのため、アレルギーを起こしにくい金属としてさまざまな医療現場で利用されています。インプラントは金属アレルギーの有無にかかわらず、受けられる治療法だというわけです。

チタンでもアレルギー反応がでる人はジルコニアタイプを利用

稀にチタンでもアレルギー反応が出てしまう人もいます。その場合、セラミック100%素材でできたジルコニアを使えば、アレルギーの不安は一切なくインプラントにすることができます。ジルコニアは人工ダイヤモンドにも使われるぐらい固い素材です。チタンと同様、骨に結合する性質も持ち、素材が白いので見た目もいいなど、優れたインプラント素材です。

金属アレルギーの人がインプラントを受けるときの注意点

まずはパッチテストを受けてみる

すでにアクセサリーなどで金属アレルギーが出ている人は、インプラント治療を受ける前にパッチテストを行うようにします。パッチテストは歯科でもできますが、事前に皮膚科でも受けることもできます。歯科で受ける場合は歯科用金属用シリーズのテープなどを利用します。

歯科選びとメーカー品選定は慎重に

金属アレルギーの人がチタンで反応が出た場合、チタンそのものではなく不純物の混入によりアレルギー反応が出ていることもあります。メーカー側の加工の問題、コストカットによる品質の低下がインプラントにもあるからです。

純メーカー品であることはもちろん。厚生労働省で認可されているインプラントであること、信頼のおける歯科医院であることを条件に選定してください。相場よりもあまりにも安すぎるインプラントは危険です。

それでもアレルギーが出てしまった場合は取り除いて新しい素材に

アレルギー反応が出ていたら、まずどの歯科金属がアレルギーを起こしているのか検査します。パッチテストだけではなく、実際の金属の粉末を採取して分析することも可能です。

インプラントの金属が原因であった場合、それを取り除けば症状は治まります。除去が完了したら、アレルゲンフリーの素材のものへと入れ替えます。つまり、手術後に金属アレルギーが判明したとしても、新たな素材に入れ替えることで、またインプラントを埋め込むことが可能ということです。

東京の歯科医院厳選集