東京でインプラントの名医がいる歯科クリニック » 知っておきたいインプラントの基礎知識 » 失敗の可能性は?

失敗の可能性は?

インプラント治療を受けるにあたって、失敗やリスクを避けるためのポイントを解説しています。

インプラント治療に失敗はある?

歯のイラスト_不安な表情

インプラント治療は、顎の骨にインプラントを埋め込むという大がかりな手術。手術が失敗してしまうのではないかと、不安を感じてしまいますよね。

結論からいうと、インプラント治療には失敗の可能性があります。異物を人体に埋め込むわけですから、100%成功するものではないのです。

しかし、インプラント治療がここまで普及していることから分かる通り、リスクを最小限に抑えて治療を行うことは可能です。

ここでは、インプラント治療における失敗とは何なのか、どうやってリスクを抑えるべきなのかについて解説していきます。

インプラントの失敗例

インプラントの脱落

インプラントは、埋め込んだ顎の骨と結合することで固定されます。この結合がしっかり行われなければ、インプラントがグラグラしたり、脱落してしまうことがあります。

たとえば、穴をあけるドリルの熱で骨がダメージを受けると、結合がうまくいきません。また、埋入する角度や位置、深さが適切でない場合、インプラントが骨を貫通してしまうことも。その場合には、インプラントがうまく骨と結合しないことがあります。

炎症が起こる

歯と同じように、インプラントにもプラーク(細菌のかたまり)が蓄積します。

これをしっかり落として清潔にしないと、プラークの周りで歯肉炎が起きてしまいます。歯肉炎の進行は、インプラントの脱落の原因になります。

血管や神経の損傷

手術の際に、血管や神経を損傷する可能性があります。従来はレントゲンの二次元画像をもとに手術を行っていたため、骨の形が正確には把握できなかったことが原因となっていました。

現在ではCTが一般的になり、立体的に骨の形が把握できるようになったので、十分にリスクを下げることができます。

もし手術後に痛みやしびれが出る場合は、インプラントが神経を圧迫している可能性があります。早めの処置が必要なので、必ず診察を受けましょう。

失敗を避けるには?

インプラントは、高度な設備と高い技術が求められる手術。インプラント治療の実績がある歯科クリニックや医師を選ぶことで、失敗のリスクを抑えることができます。

格安でインプラント治療を行っているクリニックもありますが、そういうクリニックでは医師の技術が不足していたり、手術の設備や道具、インプラントの部品にコストをかけていなかったりします。

それがインプラント治療の失敗の原因になり得る可能性もありますから、実績と技術力がある医師の治療を受けるようにしましょう。

関連するページ

東京の歯科医院厳選集