東京でインプラントの名医がいる歯科クリニック » 知っておきたいインプラントの基礎知識

知っておきたいインプラントの基礎知識

インプラント治療を検討する上で、知っておきたい基礎知識を解説しています。

必ず知っておきたい、インプラントの基礎知識とは?

インプラントと天然歯_イラスト

インプラントは、非常に優れた歯科治療法のひとつ。見た目にも自然で、噛む力も戻ってくるので、快適な生活を取り戻すことができます。一方で、知っておかなければいけないこともいくつかあります。知識なしに、むやみやたらとインプラント治療を選ぶのは危険な面もあります。

そこで、インプラント治療を検討している方のために、インプラントの基本的な知識をまとめておきました。クリニックに相談する前に、ぜひご一読ください。

インプラントのメリットとデメリット

インプラントを入れる利点と、インプラントの弱点を正しく理解しましょう。

インプラントのメリットは、見た目の美しさや、ほかの歯への影響が出ないこと。一方で、デメリットは費用が高いことや、手術が必要なことです。

メリットとデメリットをもっと詳しく知る>>

インプラント治療って痛いの?

インプラント治療は「痛そう」というイメージがありますが、実際には痛みがない、あるいは少ない手術も存在します。

インプラント治療の痛みについて>>

インプラントの種類

インプラントは、土台となるインプラント体、歯の代わりになる上部構造、この2つを連結するアバットメントの3つから構成されています。特に、インプラント体と上部構造は、さまざまな種類があります。

インプラントの種類>>

インプラント治療の費用は?

気になるのはやはり治療にかかる費用。インプラント治療は自由診療なので、金銭面の負担が大きくなります。かといって、安すぎる歯科クリニックでは品質や技術が心配…。

まずは、一般的な相場を理解しましょう。

インプラント治療の費用相場>>

インプラント治療って失敗はないの?

インプラント治療には、失敗の可能性があります。後悔しないためにも、手術のリスクは必ず知っておきましょう。

失敗のリスクを避けるためのポイントも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

インプラント治療のリスクについて>>

インプラントのメンテナンスについて

インプラントは、定期的な検診や日頃のメンテナンスが大事です。きちんとアフターケアをすれば、かなり長期間にわたって使い続けることができます。

インプラントのメンテナンス方法は?>>

インプラントの名医を探すなら知っておきたい相談から治療までの流れ

インプラント治療を行う歯科医院は全国にたくさんあります。インプラント治療を考える上で良い歯科医院を探すには、治療経験と知識を豊富に持った名医を探し出すことが重要になります。

ここでは、相談の時点で名医を見分けるためのポイントや、治療の流れを説明します。

歯科医院で相談またはインプラント説明会に参加する

インプラント治療をする前はたくさんの不安がありますよね。インプラント治療に関して評判の良い近所の歯科医院があるなら直接相談することもできます。自分がかかったことがある歯科医院であれば安心ですね。 または各地で開催されている「インプラント説明会」に参加してみるのもよいでしょう。

インプラント説明会では、詳しい治療内容の紹介に加えて、専門医との面談や無料のCT診断などを受けられる場合があります。

名医を見分けるためのポイント

治療に対する不安や費用面での心配などをはぐらかすことなく納得がいくまで説明してくれるかどうかは大切なポイントです。そういった点をあやふやにし、とにかく早く治療を決断させようとする歯科医は要注意です。また「実際の治療を行うのは誰か?」という点も大切です。

名医として名高い歯科医による治療が行われるように謳っていたのに、実際には初回の治療のみで、その後は医師が交代してしまった、というトラブル例も報告されています。

治療終了まで一貫して担当する医師が決まっているのかどうかを確認しておくことも必要です。 さらに、インプラント治療は高度な外科的手術を伴う場合があります。

以下のことも確認しておくとよいでしょう。

これらの点に加え、インプラントのデメリットやリスク、万が一のトラブルの際の対処などを事前に説明してくれる点も名医を見分ける上で大切です。

注意したいポイント

インプラント治療を受ける歯科医院を選ぶ上で注意したいポイントは、即断即決を迫られてもその場で決定しないことです。残念なことに、利益や効率を重視するあまりインプラント治療のみを行おうとする「インプラント屋」のような歯科医もおり、嚙み合わせる歯や健康な歯の維持を考えずにインプラント治療を行うことがあります。

その結果、周りの歯を傷め、総合的に治療のやり直しが必要になる症例もあります。 周りの歯も含め、口内を総合的に改善するよう努力してくれる医師を選びましょう。

治療までの流れと治療後の注意点

1. 治療前

問診・レントゲン撮影・口腔内模型を作るための型取りなど

これらの検査結果を考慮しつつ、正確な診断および治療計画が提案されます。インプラントの本数や歯肉の状態、基礎となる骨の量などによって費用は大きく異なります。この時点で、自分の理想の歯にするための正確な費用がわかります。

精密検査

全身の状態を把握するため、基本的な健康状態に加えてCT撮影・血液検査・歯並びや噛み合わせの確認などを行います。検査内容に問題がなければ、手術の際の細かい指示を受け、手術予約をします。

2. 手術・治療

手術や治療の前に口内の歯垢や歯石を取り除き、口内を雑菌の少ない環境に整えます。選択した治療法によって、1日の手術で終了することもあれば、6ヶ月ほど通院する必要がある場合もあります。

3. 治療後

治療後まだ日が浅い間は歯肉に傷が残っており、かさぶたがある状態です。勢いよくうがいをしたり、市販の歯磨き粉で普段どおり歯磨きをしてしまうと、出血や歯茎の炎症を引き起こす場合があります。

インプラントした歯を避けて磨くなど、担当医の指示に従いましょう。血流が良くなると傷から出血し、炎症を起こしたり化膿したりする可能性があので、激しい運動やお湯につかる入浴も避けましょう。またアルコールや辛いもの、硬い食べ物を避ける必要もあります。

インプラントに関する基本の歯科用語を紹介

インプラント治療において頻繁に用いられる用語

【インプラント】

歯科領域に留まらず、体内に埋め込まれる人工物の総称を表しています。歯根の代用物(人工歯根)として用いるものがデンタルインプラントです。広義ではこの治療のことをインプラントと呼び、狭義にはインプラント体(体内に埋め込まれる人工物)のことを、それぞれインプラントと呼びます。

【アバットメント】

上部構造の支持または維持の機能を果たす構造体のことを指します。2回法インプラントにおいては粘膜貫通部を含めた構造体を指しますが、1回法インプラントにおいては粘膜上の構造体のみをさすことが多くなります。

アバットメントには2種類あり、上部構造のスクリュー固定に対応したものとセメント固定に対応したものがあります。

【オーラルリハビリテーション】

固定性の補助装置を用いて咬合を再構築し、顎口腔系の形態・機能および審美性を回復することです。

【口腔衛生指導】

齲蝕や歯周病の原因であるプラークを除去することの意義やその方法を患者に説明し、指導を行うことです。インプラント治療後のメンテナンスの一環として欠かせないものです。

【咬合調整】

上下顎歯の咬合接触を、咬頭嵌合位で下顎位が安定し、かつ下顎運動と調和するように調整することです。

【伝達麻酔】

末梢神経の本幹または神経叢に局所麻酔薬を注射して、その神経の支配領域の麻酔を得る方法です。少量の麻酔薬で広範囲に麻酔効果が得られ、麻酔奏効時間が長く、手術部位より離れたところで神経を麻酔するので、局所に炎症があっても効果的に麻酔が行えるなどの利点があります。歯科領域では、下顎孔伝達麻酔が多く用いられます。

治療方法に関連する用語

【1回法】

インプラントのおもな治療法は、「1回法」と「2回法」の2種類です。外科手術を1回しか行わない治療が「1回法」と呼ばれています。これは粘膜を貫通する形状のインプラント体を埋入して、その一部を口腔内に露出しておくインプラントシステムです。

オッセオインテグレーション成立までの間の荷重を防ぎ、粘膜貫通部からの感染のリスクを少なくする目的を有する2回法と比べて、2回目の手術が不要になるというメリットがあります。

【2回法】

歯肉を切開する外科手術を2回行うことから「2回法」と呼ばれます。2回法では一次手術でインプラント体を挿入し、二次手術でアバットメントを連結します。多くのクリニックのインプラント手術ではこの2回法を採用しています。

【サイナスリフト(補助的手術)】

側方アプローチによる上顎洞底拳上術(サイナスフロアエレベーション)のことで、上顎臼歯部の歯槽頂から上顎洞底までの骨高径が短い場合に、インプラント体を埋入するために行う洞底部の骨造成法です。

【ソケットリフト(補助的手術)】

サイナスリフトと同じ上顎洞底拳上術において、歯槽頂からアプローチする手法を指します。

【All on 4(オールオンフォー)】

ほとんどの歯を失っている、または歯周病や外傷などでほとんどの歯がぐらついてしまっている場合に用いられる画期的な治療法です。このような場合従来の治療では、片顎すべての歯を補うためには約10本のインプラントを埋入しなければならず、費用面にも身体的にも患者の負担が大きいものでした。

しかしオールオンフォーなら、埋入するインプラントは上下各4本ずつで済むのです。これにより費用や身体面での負担を最小限に抑えつつ、天然歯と同等な咀嚼能力・審美性を取り戻すことが可能になりました。 ほとんどの場合1日で治療が完了し、費用面でも身体的にも負担が少なく審美性も高い、大変メリットの多い治療法です。

※参考URL:公益社団法人 日本口腔インプラント学会

東京の歯科医院厳選集