東京でインプラントの名医がいる歯科クリニック » インプラント治療の体験談まとめ » 失敗談

失敗談

東京でインプラント治療を受けた方の失敗談をまとめています。

インプラント治療の失敗談まとめ

おばあちゃん_困り顔

インプラント治療は、100%成功するものではありません。医師の技術が低かったり、設備が整っていないクリニックで手術を受けたりした場合は、うまくいかないケースもあります。

こちらでは、インプラント治療に失敗してしまった方が、どのように失敗してしまったのかをまとめてみました。インプラント治療の失敗やリスクが気になる方は、チェックしてみてください。

インプラント選びに失敗した

インプラント治療をしてから1年ほど経ったあと、痛みが出始めました。その後はさらに膿が出てくるようになり、手術を受けたクリニックとは違うところで診察を受けました。

診察の結果、歯茎が炎症を起こしていました。大きな力のかかる犬歯にインプラントを入れたのですが、その場合は力に耐えられる強いインプラントが必要だったようです。最初に入れたインプラントは弱くて、炎症の原因になってしまったようでした…。

さいわい再手術で完全に治すことができました。クリニック選びはとっても大事です!

CTスキャナーなしの治療で失敗

ほかの歯に影響がないということで、インプラントを選びました。

治療の前にレントゲンは撮ったのですが、CTスキャンは撮らないまま治療が進んでいきました。手術後は痛みもあったのですが、いつか治ると思って数ヶ月。さらに骨の増生治療を受け、ようやくインプラント埋入の段階になりました。

ところが、手術が始まって傷口を開けてから、医師から「インプラントは無理だ」と言われてしまいました。あとネットで調べると、あまり評判のよくない医院だったようです。クリニック選びは、実績や評判をちゃんとチェックしなくてはダメだと後悔しました。

骨が足りずに腫れと痛みが…

2本の歯のインプラント治療を受けました。

手術をした後、インプラントのまわりが腫れて痛いので、ほかのクリニックでの診察を受けました。すると、インプラントを入れた位置の骨が不足していて、しかも2本のインプラントの位置が近すぎて骨が溶けてしまっていたんです。骨の周りに血液がまわらず、腫れと痛みの原因になったようでした。

結局、歯茎が回復したあとに、ブリッジをつくることになってしまいました。事前にちゃんと検査をしてくれるところを選べばよかったです。

東京の歯科医院厳選集